披露宴での常識・非常識

披露宴とは、挙式に引き続き新郎新婦、そのご家族にとって特別なものであり大切な日であることは言うまでもありません。
主役である新郎新婦、そしてその関係者全ての方々が、出席して良かったと思えるような会が望ましいのはもちろんのことです。
ところが、残念に思えるような披露宴になってしまうこともあります。
ですから、新郎新婦も招待される方も注意しなくてはいけないことは注意して、良い披露宴にしたいものです。

招待された人は、TPOに合わせた服装で出席するのが常識です。
いくら気を使わない関係である友人の披露宴であったとしても、きちっとした場に合った服でなければならないでしょう。
これは男性も女性も同様です。
又、女性の場合白っぽい服装は避ける方が良いと思います。

なぜなら、花嫁のウェディングドレスのカラーとダブってしまうからです。
もし披露宴に白い洋服を着ている人を見かけたら、やはり良い気はしないでしょう。
他の出席者も、同じように不愉快に感じると思います。

土地柄によっても、様々な風習があるものです。
遠方に住んでいる人にとって、分からないことも多いかもしれませんが、最低限服装だけは気配りをして出席したいものです。
恥をかかないようにしたいですね。

Copyright (C) 記念に残る特別な日に All Rights Reserved.