お色直しの回数

披露宴には、何着のドレスを着る予定でしょうか?せっかくですから、たくさん着たいと考えている方も多いかもしれません。
一般方は、日常生活においてドレスを着るチャンスはほとんどないですから、思い切ってたくさん挑戦するのは良いことだと思います。
反対に、お色直しをせずにずっと会場にいて会話を楽しむ方もいらっしゃいます。

遠方から駆けつけてくれた、懐かしい友人との時間も大切にできます。
どちらが良いかは人それぞれですが、一番大切なのは自分がどのようにしたいのか。
それと予算でしょうか。

現在、披露宴の中でお色直しをする回数は、だいたい2回くらいが多いようです。
もちろんこれより多い方もたくさんいらっしゃいます。
ただ、あまりにもお色直しにかける時間が長すぎて、ほとんど会場にいない状態になると、ちょっと残念に感じるかもしれません。
理想的なのは、何度お色直しをしても良いですが、一回一回にあまり時間をかけずに支度できることです。

そうすれば、たくさんのドレスを着ることも可能ですし、会場で話をする時間も作ることができます。
ドレスを決める時は、そのあたりも考えながら進めると良いでしょう。
いずれにしても、どのようにしたいのかしっかりと自分の意見は持っていたいものです。

Copyright (C) 記念に残る特別な日に All Rights Reserved.